活動内容:栂池〜白馬岳間、春期登山道整備
日程:2012年6月27日〜6月28日
登山道の状況と整備内容


栂池自然園〜天狗原間は、所々残雪があり
不明瞭な箇所へ、目印用テープを付け、
大きな雪渓箇所へは、ベンガラを撒いた。
雪渓は、7月中旬には殆ど溶けて無くなると
思われるが、それまではルートを見失わない
ように注意が必要。
 
  白馬乗鞍岳の急な斜面には、まだ数百m
の雪渓が残っている。
雪になれていない登山者は、7月末頃まで
アイゼンを持参した方が良いと思われる。

雪渓上部に1本、中間部に1本ロープを流した。
(注意:2本のロープは繋がっていない、
雪渓下部までは、ロープが届いていない。)


注:このロープは、登山時の補助として使用する
ようにして下さい。

消えかかったマーキングを再塗布し、見えやすくした。
(栂池〜白馬岳間)

 
  白馬大池〜白馬岳間は、殆ど夏道を歩けます。

小蓮華山頂上付近、三国境付近には、雪渓が
残ってる。

三国境〜白馬岳間のやせ尾根付近にも雪渓が
あります、ここは足場が悪いので特に注意が必要。